私は、ライブドアショックの時、笑いが止まりませんでした。

2006年1月、市場がパンクし、投資家の大半が、
多くの資産を失ったこの月、私は2000万稼ぎました。

そして今回のサブプライム暴落、私は・・・。

8500時間もの歳月と1000万もの大金を犠牲にした末に、 わずか3年で1億5900万円を築いた、暴落破壊投資術とは?


複利で計算すると資産は7000倍にもなる・・・

しかし、これらの方法には次のような実際に


取引をしなければわからない罠が待ち構えていました。



●個人の性格が売買ルールに及ぼすため、必ずもその方法が適していない。

●ルールを決めたら守らなければいけないのだが、すぐ破ってしまう。

●リアルタイムで値動きを見ていると、精神的に不安になってしまい売ってしまう。

●銘柄数が多くて、絞るのが疲れてしまう

●底値圏で買ったが、あがるまでに精神的にもたない。



私はこの取引を続けていき、遂には2度目の退場を余儀なくされてしまいました。


取引を長年行っている方や、株のマニュアルや必勝法と言われるものを


購入された方はわかると思いますが、


株で勝つ為に大事な事は、テクニックや知識だけではないありません。


メンタルが大きな比重を占めている事を、身を持って体験しました。


私は、資金が無い事もあり再起するまでの間、


実に20年分の膨大な量のデーターを研究しました。


研究に費やした期間は1日8時間以上で実に3年、時間にすると「8544時間」です。


8500時間もの間、研究に研究を重ね遂に


おどろくべき成績を残している法則を発見したのです。



そのパフォーマンスは、過去20年間の成績で勝率が100%、
複利で計算すると資産は7000倍にもなる・・・

究極の投資法です。




8500時間もの歳月と1000万もの大金を犠牲にした末に、
わずか3年で1億5900万円を築いた、暴落破壊投資術とは?






タグ:株式投資
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。